Blog Modelers

calendar

          02« 2007/03 »04          
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

satonobu

Author:satonobu
現在、函館に単身赴任中です。
AFV・軍用機・MA.Kと
何でも作る雑食モデラーです。
いまだに上手になりませんが、
ご意見等いただければ幸いです。

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
7323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
956位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

satonobu

Author:satonobu
現在、函館に単身赴任中です。
AFV・軍用機・MA.Kと
何でも作る雑食モデラーです。
いまだに上手になりませんが、
ご意見等いただければ幸いです。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 最近買ったもの 

 期末でばたばたとして、かつ連日帰宅が10時以降とまったく模型に触れなかったsatonobuです。皆様、こんばんは。
来週も職場で人事異動もあって送別会と連日遅くなりそう・・・。
そんな状況でストレスからか、またオクをのぞいてて、ついポチッとやってしまいました。
それではいってみます。
FROG デ・ハビランド・シーベノム
DSCF2386_edited.jpg

古本屋でMGを買ったらシービクセンでしたが、この色の塗装ってカッコいいなどと思っていてつい買いました。1600円
高いかな?これのキットはほかに出ているんですかね?

次、ボーファイターMk.Ⅵ
DSCF2387_edited.jpg

かねてより作ってみたかったのですが、オクでもなかなか自分の価格帯で落札できず、やっと入手。860円。満足。
DSCF2389_edited.jpg

箱絵の塗装で作ろうかと・・・。
次もボーファイターMk.Ⅹ 増槽付 1600円
DSCF2390_edited.jpg

コンパチになっていて以下の2タイプが作れるようです。
DSCF2391_edited.jpgDSCF2392_edited.jpg

とりあえずMk.Ⅵで練習してどっちを作るか考えよう。
と、今回はキットを弄らず。
シーベノムのような箱なしキットは初めて買いました。
それではまた。
スポンサーサイト

 家具運搬車 その2 とクーゲルブリッツ 

昨日は20年来の友人Tさんが東京から出張で札幌に来られたので
すすきので1時過ぎまで飲みました。
楽しかったです。Tさん札幌に来たらまた、飲みましょう。

今日は息子がインフルエンザのぶり帰しでまた熱を出して、家族では外出せず。
娘が珍しく普通の本(漫画でないという意味)を買いたいというので
とりあえず途中放棄してもいいようにブックオフで数冊チョイス。
「十五少年漂流記」など自分が小学生の時、読んで面白かったもの
を選びました。

そんなこんなで夕方、メーベルワーゲンを少しだけ製作。
DSCF2384_edited.jpgDSCF2385_edited.jpg
車外装備品のみを接着したので前回と代わり映えがしません。

そんなこともあり以前の製作品を晒します。
対空戦車つながりでヴィヴィルベントクーゲルブリッツです。

DSCF0959.jpgDSCF0961.jpgDSCF0964.jpgDSCF0966.jpg

ドラゴンのキットです。
砲塔が球体になっていてクルクル回ります。
計画のみに止まらず、実車が2台あったというから驚きです。
こんなのが出てきたらロシア人もさぞかし驚いたのでは。
Ⅳ号戦車ベースですが、全く違った車両に見えます。
こういう車両があるのでドイツ軍は人気が高いのでしょう。

 家具運搬車 その1 

メーベルワーゲン(通称 家具運搬車)の作成を開始しました。
DSCF2369.jpg

ドイツ戦車らしい独特のフォルム。
車体上部が家具を運搬する車両に似ていたのでこの名称がついたとか・・。
カコイイですね。
トニー・グリーンランドさんの作例で上部にヘルメットとかごちゃごちゃ荷物が乗ったのを作ろうと思っています。
組立開始。
相変わらず素組みです(笑)。
DSCF2370.jpg

Ⅳ号戦車ベースで、輪転が多いです。
今日は車体上部まで接着。
DSCF2378.jpgDSCF2379.jpg

写真に取りませんでしたが、ダークイエローダークアースで脚周りを塗装しました。

 最近買ったもの 

最近買ったものです。
相変わらずお店に行くことなくオクです。
まずはMPM 1/72 デファイアントです。
DSCF2337_edited.jpg

送料入れたら3000円。
少し高かったような・・・。
続いてスピットファイアMk.Ⅷ イタリア戦線
DSCF2364.jpgDSCF2365.jpgDSCF2366.jpg

近所のベースオペレーションさんのオクで購入。
1600円でした。
スピットは多分、近々作る予定です。

 P-40 その五 

P-40も組立が終了しました。
p-40

デカール貼りまで進みましたが、デカールが古く、水につけたまでは「大丈夫そう」と思いましたが、途中からヒビが・・・。
以前買ったこれが役に立つときが、と塗布して再びチャレンジ。
DSCF2332_edited.jpg

駄目です。
DSCF2333_edited.jpg

ということでこちらにオークションで落札した物を取りに行くついでにこれをゲットしました。
DSCF2338_edited.jpg

マイクロスケールデカールの中古品だそうです。400円なり。
DSCF2334_edited.jpg

機首マーキングだけは手書きは無理なので、ばらばらのを必死で張り合わせて上から塗装で誤魔化しました。
DSCF2340_edited.jpg>DSCF2341_edited.jpgDSCF2342_edited.jpg

あとはデカール保護にクリアーを吹いて、かなり古い飛行機をいう設定で退色処理をして完成です。

 きんた 完成 

キンタことキングタイガーヘンシェル砲塔が完成しました。
BMに加入してから完成品が増えることになり、良かったと感じています(在庫も増えました(爆))。
DSCF2344_edited.jpgDSCF2349_edited.jpgDSCF2352_edited.jpgDSCF2362_edited.jpg
戦車長も少し塗りなおしました。
DSCF2346_edited.jpgDSCF2359_edited.jpg

車両は505重戦車大隊の車両です。
クレオスのウェザリングカラーで汚しを追加しました。

 きんた ときどきP-40(東京タワー風です (笑)) 

もうすぐ新学期が始まりますね。
こんばんはsatonobuです。
今日は我が家の新1年生の写真撮りで写真スタジオへ。
1時間程度かけて写真を撮りました。
アルバム作って2万3千円なり。
お金がかかります(泣)。
そんな訳で今日も作業は少ししか進みません。

きんたは戦車長を大体塗ったので乗せてみます。
DSCF2313_edited.jpgDSCF2314_edited.jpg

帽子のパイピングが太い(汗)。
DSCF2317_edited.jpg

もう一度可能な限り細~く塗ってみようっと。

そしてP-40です。
DSCF2312.jpg

きのうは脚を接着して、スミ入れをしました。
アメリカの戦闘機の激しく退色したイメージで塗っています。

今日は排気管を接着しました。
このキットは1本ずつつけるもので、間隔を整えるのが結構面倒でした。
DSCF2319_edited.jpg

プロペラとスピナーを接着し、何とか飛行機らしくなりました。
今月中にこの2点は完成させたいです。

 きんた 戦車長 

北海道もようやく春めいてきました。
こんにちはsatonobuです。
ここのところ体調が悪いので、近くのクリニックに健康診断に行ってから、今年、小学校に入学する息子の部屋の整理をしました。
私の部屋はありません(涙)。
息子よ勉強してね。

そんなことであまり作業は進まず。
フィギュアの顔を少しばかり塗りました。

前回         今日作業した分
DSCF2276_edited.jpgDSCF2284_edited.jpg

写真ではわかりずらいですが、眼の周辺を赤で隈取し直しています。

 キングタイガー 戦車長 

こんばんは。
この記事は4日夜に書いて7日にupするようにしてみました。
キングタイガー(以下きんた)の戦車長の塗装です。
この社長さん、もとい車長さんは前にも塗ったことがありますが、田宮さんのフィギュアではシュトルムティーガー・パンター後期型のフィギュアと並ぶできの良いキットと思っています。
DSCF2264_edited.jpg

まずは服を塗ります。
服は海軍潜水艦要員の革上下との事ですので、ツヤありの黒で塗装。
帽子のつばも同様です。帽子のパイピングは細いのであらかじめ赤で塗装しまわりを塗りこみます。
眼は塗りなおしも考え、ラッカーの白で塗装。
DSCF2268_edited.jpg

眼を青で入れます。ほんの点程度。
DSCF2269_edited.jpg

普段、油彩絵の具は万年塗料皿にとって、混ぜて塗ります。
DSCF2270_edited.jpg
こんな感じです。

DSCF2271_edited.jpg

赤で隈取のように塗って、白や青を混ぜながらブレンディングします。

DSCF2276_edited.jpg

ここまで約20分程度です。
乾燥まで約2日。
テカリも乾燥すれば落ち着きます。
気になるところを塗りなおし、細部を塗って完成です。

 きんた 塗装その3? 

すいません。
暫く放置していたので回数がわからなくなりました(笑)。
キングタイガーの塗装を再開しました。
まずはデカールを貼り付け。
車両は<第502重戦車大隊所属 555号車~オーデル川戦線>
と大戦末期の車両をチョイスしました。
デカール貼り付け後、木漏れ日迷彩ということで、
ダークイエロー・ダークグリーン・レッドブラウン(いずれもアクリル塗料)で斑点を書きました。

DSCF2256_edited.jpgDSCF2257_edited.jpgDSCF2259_edited.jpg

車両だけと考えていましたが、やはり居ないと寂しいので、戦車長を塗ることにしました。
デザインナイフでパーティングラインを削って塗装をしていきます。
P-40の塗料を買ったときにこれも買ってみました。
クレオスウェザリングカラーセット
DSCF2260_edited.jpg

きんたに使ってみます。

 P-40 その参 

今晩は
P-40の塗料 オリーブドラブとニュートラルグレーを買ってきたので早速塗ってみました。
左 オリーブドラブ 右 黄色+黒
p-40 オリーブドラブP-40 上面

下面の塗装
左 ニュートラルグレイ 右 米軍下面色
DSCF2253_edited.jpgP-40 下面

やはり指定色と家にある適当な色で塗ったのではぜんぜん違います(笑)。
下地処理が不十分で塗った上からヤスリをかけています(汗)。
キャノピーもマスキングをしないで手塗りします。
時間をみながら、何回か重ね塗りをしていきます。

 P-40 その弐 

P-40を塗装開始。
いつものように筆で塗ってみます。
P-40 上面

上面はオリーブドラブとの指定でしたが、あいにくアクリルしかなく、横山宏先生のモデリングブックで黄色と黒の混合との事で1:1で混ぜたものを塗ってみました。
何となく色の雰囲気が違うような・・・。

下面はニュートラルグレイで下がこれもなく、とりあえず米軍下面色で塗って見ました(汗)。
P-40 下面

明日は指定色を買ってこよう。

 P-40 その壱 

こんにちは
今日は日曜日に出勤したので振替休日です。
子供は学校ですので、模型を少し制作。
フィンランド空軍機を2機作ったので、今度は違ったものを作ってみようとこれを選択しました。
モーヴの1/48 P-40WARHAWKです。
DSCF2224_edited.jpg

実は1/48スケールの飛行機は小学生のときにフォッケウルフを途中で投げ出し、以降1機も作った事がありません。
つまり、これが完成すれば始めての48の完成品となります。

まずはコックピット周りを作ります。
DSCF2227_edited.jpg

シートは何もないので薄い鉛板でシートベルトをでっち上げます。
プライマーを塗って、エナメルで塗装します。
DSCF2228_edited.jpg

シートを組み込んだ状態。
胴体及び主翼を接着しました。
DSCF2230_edited.jpg
主翼にかなり隙間があるので、エポキシパテを細く練って埋めます。
DSCF2231_edited.jpg

今日はここまで。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。